福井市にある泌尿器科、内科、人工透析のクリニック

医師紹介

院長のヒストリー

2015年4月に福井市西方2丁目で大山クリニックを開院しました、大山伸幸(おおやまのぶゆき)と申します。
まず、九州生まれの私が、福井の地に降り立った理由(わけ)からお話しします。

小学生時代

日本が高度成長の真っただ中にあった昭和40年代、私は、長崎県の田舎で生まれ、育ちました。
家は、県営のボロアパートでした。
学校が終わると、同じアパートの、クラスも学年もバラバラの悪ガキたちと野山を駆け巡り、目の前を流れる川で泳いだり、空き地で野球をしたり、ときには同じアパートのお姉ちゃんたちとゴム跳びをしたり、本当に楽しい毎日でした。
もちろん、家で学校の教科書など開いたことは、ほとんどありませんでした。「夏休みのとも」(夏休みになると宿題として学校から配れた小冊子)を8月20日を過ぎてから、親に怒られて、ようやく手を付け始めるような、勉強にはあまり興味のない子供でした。
それでも、成績はいつもトップクラスだったかって?
いえいえ、人生それほど甘くありませんよね。
小学生の時の成績は、クラスでビリっけつに近い方でした。
小学校1年生のときの通信簿を見返すと、5段階評価で、3が2つ(そのうち1つは体育)で、あとは全部1と2ばかりでした。

中学生時代

小学生時代には遊び惚けていた少年でしたが、さすがに、子供なりに、これではまずいなあ、と思い始めたのかも知れません。
中学1年のある日、担任の先生から、将来の夢について作文を書くように、と課題が出ました。
私はどうしようかと迷いましが、私が小さかった頃、病弱だった母親から、「お医者さんになってお母さんの身体を治してね」、とよく言われていたことを思い出しました。
そこで私は、「将来の夢は医者になることです」、と作文に書きました。
クラス全員が作文を提出した後、「このクラスには医者になりたいと書いた人が10人います」、と先生が言ったのを覚えています。
とにかく、この日から、漠然とですが、私は、医師を志し始めたように思います。

高校時代

田舎ですので、はげしい受験競争もなく、地元の公立高校に入学しました。
高校では、良き友人たちに囲まれ、ポンコツ頭をひたすらに叱咤して、なんとか福井医科大学の合格切符を手に入れることができました。

医師紹介

院 長:大山伸幸

1989年 福井医科大学卒業・同研修医

1990年 健和会大手町病院泌尿器科

1995年 福井医科大学泌尿器科助手

2000年 ワシントン大学留学(米国セントルイス)

2003年 福井大学泌尿器科講師

2015年 大山クリニック院長、福井大学医学部非常勤講師

資格

医学博士

日本泌尿器学会専門医・指導医

日本がん治療医認定医機構がん治療専門医

日本性機能学会専門医

日本医師会 認定産業医

日本医師会 生涯教育認定

福井県医師会 認定かかりつけ医

受賞歴

米国前立腺癌財団研究賞

日本泌尿器科学会西日本総会学術奨励賞

所属学会

日本泌尿器科学会、日本排尿機能学会日本がん治療学会、日本癌学会、日本核医学会、日本泌尿器内視鏡学会

日本性機能学会、日本メンズヘルス医学会、日本排尿機能学会、

前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究、腎癌研究会、日本透析医学会、日本腎臓学会

米国泌尿器科学会、米国癌学会、米国核医学会、国際尿禁制学会

ご挨拶

はじめまして、院長の大山です。

わたしは福井医科大学を卒業し直ちに同大学の泌尿器科に入局、以来、泌尿器科医師として研鑽を積んで参りました。これまで大学病院勤務時代には、前立腺がん治療、排尿障害、透析、腎移植、腹腔鏡手術などの分野を中心に研鑽を重ねて参りました。その中でも、前立腺癌をがん切らずに治す密封小線源治療法(ブラキセラピー)を北陸地方で初めて福井大学附属病院に導入した責任者として、これまで250例以上の治療経験を重ねて参りました。このたび大山クリニックを開院させていただきましたが、当院ではこれからも、特に前立腺がんに関しましては、PSA診断、手術・放射線治療のサポート、ホルモン療法の実施、進行がんに対しての抗がん剤治療などに力を入れて行きます。また、前立腺肥大症、過活動膀胱をはじめとした、さまざまな泌尿器科疾患や、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常をはじめとした生活習慣病から、感冒までの内科的疾患でお悩みの患者様の側に立って、心のこもった医療を心がけて参ります。大山クリニックは地域の方々のかかりつけ医として、みなさまの健康増進のためにお役に立ちたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

最近の代表論文(2010年以降のみ)

前立腺肥大症に対するタダラフィル内服開始症例の治療継続性関する臨床検討. 大山. 泌尿器外科. 2017

Adult Male Ureterocele Detected by Urinary Frequency. Kurokawa T, Kabuto T, Matsuta Y, Aoki Y, Ito H, Yokoyama O, Oyama N. Hinyokika Kiyo. 2017

Arterial Transit Time-corrected Renal Blood Flow Measurement with Pulsed Continuous Arterial Spin Labeling MR Imaging. Shimizu K, Kosaka N, Fujiwara Y, Matsuda T, Yamamoto T, Tsuchida T, Tsuchiyama K, Oyama N, Kimura H. Magn Reson Med Sci. 2017

A case of metachronal testicular tumor eight years after medical treatment of extragonadal germ cell tumor. Tanio M, Aoki Y, Kobayashi H, Yokoi S, Ito H, Oyama N, Akino H, Yokoyama O.

Hinyokika Kiyo. 2015

Alpha 1-adrenoceptor blocker may improve not only voiding but also storage lower urinary tract symptoms caused by (125) I brachytherapy for prostate cancer. Oyama N, Aoki Y, Ito H, et al. ISRN Urol. 2014

Diagnosis of complex renal cystic masses and solid renal lesions using PET imaging: comparison of 11C-acetate and 18F-FDG PET imaging. Oyama N, Ito H, Takahara N, et al.

Clin Nucl Med. 2014

Fatty acid synthase is a key target in multiple essential tumor functions of prostate cancer: uptake of radiolabeled acetate as a predictor of the targeted therapy outcome. Yoshii Y, Furukawa T, Oyama N, Hasegawa Y, Kiyono Y, Nishii R, Waki A, Tsuji A, Sogawa C, Wakizaka H, Fukumura T, Yoshii H, Fujibayashi Y, Lewis JS, Saga T. PLOS ONE, 2013

Successful treatment with docetaxel and prednidolone for paxlitaxel and carboplatin-resistant prostate cancer. Kusukawa N, Ishida H, Tanase K, Ito H, Aoki Y, Oyama N, Akino H, Yokoyama O. Hinyokika Kiyo, 2013

Drugs interacting with organic anion transporter-1 affect uptake of Tc-99m-Mercaptoacetyltiglycine (MAG3) in the human kidney: therapeutic drug interaction in MAG3 diagnosis of renal function and possible application of MAG3 for drug development. Takahara N, Saga T, Inubushi M, Kusuhara H, Seki C, Ito S, Oyama N, Yokoyama O, Sugiyama Y, Fujibayashi Y. Nucl Med Biol, 2013

Tumour multiplicity as a risk factor for the development of bladder tumours after primary upper urinary tract cancer. Ito H, Oyama N, Tsuchiyama K, Yokoyama O. J Clin Urol 2013

Carbon-11-acetate positron emission tomography (PET), versus fluorine- 18 fluorodeoxyglucose PET and CT for the diagnosis of recurrent prostate cancer after radical prostatectomy in cases of prostate specific antigen of more than 1 to 3ng/mL. Oyama N, Ito H, Aoki Y, et al. Hell J Nucl Med. 2013

Monoclonal Antibody RM2 as a potential ligand for new immunotracer for prostate cancer imaging. Hasegawa Y, Oyama N, Nagase K, Okazawa H, Furukawa T, Fujibayashi Y, Arai Y, Saito S, Yokoyama M. Nucl Med Biol, 2012

Metastatic myxofibrosarcoma of the spermatic cord responding to mesna, adriamycin, ifosfamide, and dacarbazine combination therapy. Ito H, Oyama N, Miwa Y, AkinoH, Imamura Y, Yokoyama O. Int Cancer Conf 2012

Radiolabeled Cu-ATSM as a novel indicator of over-reduced intracellular state due to mitochondrial dysfunction: studies with mtDNA-less r0 cells and cybrids carrying MELAS mtDNA mutation. Yoshii Y, Yoneda M, Ikawa M, Furukawa T, Kiyono Y, Mori T, Yoshii H, Oyama N, Okazawa H, Saga T, Fujibayashi Y. Nucl Med Biol 2012

Assessment of Therapeutic Effect of Sunitinib by (11)C-Acetate PET Compared with FDG PET Imaging in a Patient with Metastatic Renal Cell Carcinoma. Oyama N, Takahara N, Hasegawa Y, et al. Nucl Med Mol Imaging. 2011

Early response assessment in prostate carcinoma by 1?F-fluorothymidine following anticancer therapy with docetaxel using preclinical tumour models. Oyama N, Hasegawa Y, Kiyono Y, et al. Eur J Nucl Med Mol Imaging. 2011

Urethral sensations are related to the development of detrusor overactivity. Yokoyama O, Miwa Y, Oyama N. LUTS. 2011

Antimuscarinics Suppress Adenosine Triphosphate and prostaglandin E2 Release from Urothelium with potential improvement in detrusor overactivity in rats with cerebral infarction. Yokoyama O, Tanaka I, Kusukawa N, Yamauchi H, Ito H, Aoki Y, Oyama N, Miwa Y, Akino H. J Urol. 2011

Combination Chemotherapy of Paclitaxel, Carboplatin and Gemcitabine in Patients Who Have Received Prior Cisplatin- Based Chemotherapy. Ito H, Aoki Y, Oyama N, Miwa Y, Akino H, Yokoyama O. Gan To Kagaku Ryoho. 2011.

Effect of corticotrophin-releasing factor receptor antagonist on psychologically suppressed masculine sexual behavior in rats. Miwa Y, Nagase K, Oyama N, Akino H, Yokoyama O. J Sex Med, 2011

Experience of Brachytherapy for Prostate Cancer Patients with PSA More than 20 ng/mL. Oyama N, Aoki Y, Inamura S, Okada M, Kusukawa N, Matsuta Y, Ishida H, Tanase K, ItoH, Miwa Y, Akino H, Sato Y, Shioura H, Kimura H, Yokoyama O. J Urol Surg. 2010.

著書10編、原著47編、総説10編、症例報告11編

ナーシングスタッフ

ナーシングスタッフはどこまでも心をこめて皆さまの検査、診察、治療に寄り添います。

病気のこと、日頃不安に感じていることなど、些細なことでも構いません。どうぞ遠慮なく話しかけてください。当院のナーシングスタッフがみなさまを全力でサポートします。

メディカルクラーク

当院のドアを開けていただくと、メディカルクラークが皆さまをお出迎えします。

クラークは単に受付、会計をさせていただくだけではありません。通院、治療費用、病気で困っていることなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 0776-29-0080 8:30-13:00 / 14:30-18:00
休診日:木曜/土曜午後/日曜/祝日


PAGETOP
Copyright ©大山クリニック All Rights Reserved.